リンジー・ローハンの歯が白くなりました

ティーンの頃は『彼女は夢みるドラマクイーン』や『ラッキーガール』など数々のヒット作に出演し、確かな演技力と純真無垢なスマイルで全米中を虜にしてきたリンジー・ローハン。しかし、先日は、ネックレス窃盗罪を償うために命じられていた社会奉仕活動の場で、勤務態度の悪さからクビになってしまったそうです。

更に、彼女はビデオゲーム『THQ’s Saints Row: The Third』のプレミアに登場した時に、笑顔でカメラマンに応じたのですが、歯が黄ばんで前歯が欠けているのを写真に撮られ、それを見たネットユーザーから袋叩きにあいました。

そんなリンジー・ローハンですが、このたび、彼女は自らのサイトにまっ白い綺麗な歯でニコッと笑った画像をアップし、「ドアフマン先生、ZOOM(歯のホワイトニング)してくれてどうもありがとう!…でも歯茎が超痛い!」と書いています。

欠けていた部分は、セラミックの白い歯を入れたようですね。
歯茎が痛いのは、ホワイトニングの薬剤のせいかもしれません。

アメリカ社会は、デンタルケアに厳しいので、「何万ドルも衣装にお金をつぎ込むくらいなら先に歯を直せ」などと、多くの人たちから辛口の意見を浴びせられましたが、リンジーの代理人スティーブ・ホーニグ氏は、「リンジーは近年最も美しい女優として広く認識され、毎週トップクラスのフォトグラファーからフォトシュートのリクエストを受けています。彼女は『Vanity Fair』や、その他トップ級のビューティー、ファッション誌の表紙を飾っているグラマラスな女優ですよ。」「ホームレスの問題とか、公立教育の質の低下とか、国際情勢の問題とか、他にもメディアが取り上げるべき問題は沢山あるではないですか。それをかんがみて、今回リンジーの歯の問題についてコメントすることはありません!」とコメントしています。

今後は、きちんと定期的に歯医者通いをして、今の美しい白い歯を維持できるといいですね。

歯のホワイトニングに興味のある方は、神戸三宮のミント神戸にある神戸審美歯科センターにお気軽にご相談ください。