月別: 2012年2月

根面う蝕の治療について

根元の虫歯は高齢者になるほど注意が必要と言われています。虫歯が歯茎の下に隠れているために自分では発見出来ないので厄介です。以下は根元の虫歯(根面う蝕)の治療についての記事からです。

歯周治療を通して患者さんのモチベーションが高く維持され,プラークコントロールも良好であったとしても,歯根が露出してしまった以上,口腔内は絶えず根面う蝕の危険にさらされている状況となります.皆さんも,メインテナンスにおいて,根面う蝕の発生にはつねに頭を悩まされていることと思います.ます私たちが,患者さんとともに根面う蝕の罹患リスクが高い部位やリスクファクターをしっかりと認識し,リスクを最小限にとどめる努力を続けていきましょう.(VOL.30 デンタルハイジーン引用)

昔に比べて子どもの虫歯予防が熱心に行われるようになり、虫歯が減って、歯周病予防に対する意識も高まっているために、高齢者であっても健康な歯を維持している方が増えてきました。しかし、歯周病は予防していても、加齢によって少しずつ進行していきます。歯茎がだんだんと下がってきて、今までは隠れて見えなかった歯の根の部分が露出するようになります。その露出した歯根面に根面う蝕は発生します。


子どもたちの歯肉炎予防について

子どもたちの間で歯肉炎が増えています。歯肉炎を防ぐためには、正しい歯磨き方法で口腔内を清潔に保つ必要があります。以下はプラークの染め出しについての記事からです。

【子どもたちの歯肉炎予防と進行抑制のために】
対処法
プラークの染め出しによる歯肉炎の原因追求
プラークの染め出しを行うことによって、歯肉炎の原因を自分の口腔内で追究することが可能となる。プラークが除去できている歯の周りの歯肉は健康であり、プラークが付着している歯の周りの歯肉は歯肉炎が起きていることを、自分の口腔内で確認する。すなわち、歯肉も、染め出したプラークも観察できることを活用して、歯肉炎の原因はプラークであることに子どもたち自らが気づくことが大切である。(2004 現代の治療指針引用)

プラークを赤く染める薬を使ったことがおありでしょうか? 磨き残しのプラークが真っ赤に染まり、磨き残しが案外多いということに驚かれた方も多いと思います。赤く染まっている部分は、歯の凹凸があったりブラシの毛先が届きにくかったりして、磨きにくい場所でもあります。その部分を毎回気を付けて磨くことによって、口腔内はより清潔に保たれるようになります。ただし、磨きすぎは歯肉を傷つけますので、気をつけましょう。


口臭予防は歯磨きから

ご自分の口臭を気にしている方は多いと思います。口臭予防の基本は、正しい歯磨きです。

歯垢染め出し液を使ったことがありますか?歯に残っている歯垢を赤い色で着色し、磨き残し部分を教えてくれるというものです。

歯に残っている歯垢をチェックすることで、口臭の原因となっている箇所を自分で判断することも出来ます。また、歯間ブラシで歯と歯の間や、歯の根っこ付近を触ってみたときに、歯間ブラシに臭いがつくようなら、口臭が発生していると言えます。

口臭を消すために、今まで以上に歯磨きを徹底し、食後30分以内に必ず歯磨きをする習慣をつけましょう。歯磨きをきちんと行えば、歯肉炎等の炎症は治まり、口臭も治ります。

それには正しいブラッシングが必要ですので、きちんと磨けているのか自分ではよくわからない方は、歯科医院へ行って、歯科衛生士さんに歯磨き指導をしてもらうのもいいと思います。歯肉炎になっていて歯肉が腫れている場合も、自分ではなかなかわからないものです。そんな時も、歯科衛生士さんなら一目で歯肉炎と判断できます。